作業台をつくる

ふだんペンタブのペンより重いものを持ち上げない仕事をしているのですが、今日はたまたま電動工具を使うことになりました。

作業用の台は今日まで使っていたなにかのテーブルが撤去されて、台がありません。加工する部材を重ねて台にしていましたが、加工して横にどけると作業面の標高が下がってしまいます。

そこで加工台を制作。昼休みの後半十分間。材料は加工室にある端材沢山。割れたりヒビではねた長い材木もあります。とりあえず「馬」を作りました。四つ足が理想ですが、三つ脚にしました。ハの字+一本足。一本のほうは掃除機に挟めて固定します。

仕事中でしたが、アリ物の材料で、どの程度の強度でどう作るか、制約の中で作るのはゲーム的で楽しめました。こどもの時から錆びて曲がった釘を伸ばして、端材で工作してきました。

オトナになっても新品のネジを使わず、半分ゴミみたいなサビた木ネジとヒビ入り2×4材を使って作ってしまったのはご愛敬ということで。

工作好き