夜に本を買う

ひさひぶりに本屋を梯子。古本と新書をキロで購入。昔はやせていたチェーン系古本屋の棚がなぜかの充実。理由は分からず。

単純に買って読む人が減って本がだぶついているのかも。棚の筋をみると、マニアが放出してるように見えます。ただ、その本が狭い範囲を狙っているうえに、おもしろさが弱い。確かにコレは動かない本。

カメラ雑誌といくつかの文芸誌。自分の読んでいない本の紹介してある本は読んでいて楽しい。若いときはこだわって狭く読んでいたけれど今は反省して色々読んでみようと思うけれど゛結局本の冊数が多くてジャンルが多岐にわたり全般的な読書は不可能で、どう読んでも狭いのです。

工作好き