脳に電極

だいたい雑に生きているのだけれど、夜になるとくたびれてしまう。どうしてだろうと思い出してみるとお昼ご飯が貧祖なときは夕方まで体力が保たないと分かった。

食事が大事だなとおもう。何を食べると効果的なのか、ちょっと研究してみよう。食事自体もう何十年も摂っているのだから合理的で洗練された形なり法則に整理されてもよさそうなもので、たとえばカロリーメイトくらいの固形物をひとつ噛んだら終了みたいな時代が来てもいいともうのだが。

それがカロリーメイトだ!

おにぎりとか、もうちょっとタンパク質と野菜が摂れるように進化しても良かったと思うのです。野菜は問題。加工して租借して吸収する間の過程を飛ばしたい。輸液は嫌よ。

脳に微細な電極を差し込んで外部機器と直結する方式があるそうで、ああいうのを人間に取付けたら良かろうと思う。

胃瘻だ。すでにあるし、使う理由がかなしいので、それ以外の方法はなかろうか。

電極をつけて食欲を満たしてしまうとかたぶんあの脳に付ける電極はいろいろやってくれると思う。寝てないのに寝た気分になるとか、きっとできるはず。

工作好き