納豆トースト

毎日同じ職場に通って同じ時間に晩御飯を食べて、同じコースをウォーキングして一日を終えると体感時間が短くなります。

今週は早かった。一週間があっというま。年を取ると時間の経過が早くなるというのは、体験に新鮮味がないからだとおもう。

未知のものを食べたり、言いようのない感情と付きあったりせずに、だいたい同じようなものを食べて幅の狭い感情をなだめながら生きている。だから時間の経過が早い。

感情の幅を広げるのは、果たして得なのだろうか?穏やかに生きたい。

食べ物も早々未知のものを食べようとは思わなくなってしまった。飽きないなら毎日おなじもので構わない。熱を加えたり切ったり焼いたりせずになるべくとって出しで食べられるものを選らんで食べていたらホテルの朝食のような朝食を毎日食べています。ずーっと洋食です。

パンでも納豆を食べてますので和洋折衷。さすがにパンの上に納豆をかけてまでは食べないぞ。

そこまでいくと水戸市民のうちでも上級の市民。

工作好き