車輪の発明

自作ステディカム・マーリンと言う表現は変だ。
自作トヨタ・カローラなんて言わない。

なんと言えばいいのか。ぱちもん?
ぱちもん、ぱちものという言葉も変で、コンパチブル、二コイチが語源だろう。
こうなると二コイチすらしっくり来ない。寄せ集め?非正規?とでもいえばいいのか。

一般名詞として、ステディカムもマーリンも使えない。商標だから。
安定装置、スタビライザーとか台湾風に隠定器とでも書きましょうか。
「隠定器」は表現としてしっくりしているので気に入ってます。
通じないから使わないけど。

ビデオカメラ撮影補助装置。
自在継手とヤジロベー付きの安定装置。安定というのも若干違う。
自由自在に動く装置だ。

自由自在の動きをする継手の上にビデオカメラを装着して方向保持のためオモリが付く装置。長いね。

ざっくり振り返ってみますと、本家ステディカムから派生したのは随分昔から。
2009年くらいあたりから日本国内で作例がみかけられます。
これはきっとカメラの低価格化とYOUTUBEの一般化、ブロードバンド化などが遠因。

Uの時型に曲げたアルミフラッバーや塩ビパイプ、アルミパイプで自作して
あまりに揺れるものだから横棒を通したみたい。
2010年のまん中過ぎてそれを真似してみたのが私の作例。

先人にはなにかと感謝しております。
ザクの人とか筑波の学生?さんとか、公園の人とか塩ビ曲げの人。
ログハウスの人、WSの人とかストラディカム?の人とか大勢の方。
動画にレスボンスするのが筋なのかな。シャイなのでしないけど。

私の工作はありものを組み直しただけで創造したものがほとんどありません。
横棒の設置場所を自在継ぎ手の直上にしたのが唯一の工夫です。

工作好き