Web文章上達ハンドブックを読む

職人芸としての携帯サイト制作 ケータイサイトの制作・運営でつまずく65のポイントとその解決策
一般論。まんべんなく網羅されています。総花的です。

伝わるWeb文章デザイン100の鉄則
webの特性に合わせた文章作法。
伝わるように短く、簡潔にしましょう。

Web文章上達ハンドブック―良いテキストを書くための30ヵ条
取り寄せ中
届きました。
日本エディターズスクールの本です。
プロのライターや現場向けです。
原稿料が出るサイトの作り方です。

文章に付いての本なのでhtmlタグの説明はありません。

  • ライターに発注した文章をどう手直しすればいいのか。
  • だれにどうやって発注すれば良いのか。
  • 構成と管理を誰が行いどう対処すべきか。

実務的な内容です。
個人サイトに不足しがちな要素を意識しながら読みました。
推敲やワークフローについてアイディアが詰まってます。
ハンドブックなので読みやすく、手元に置いて時々見直そうと思います。


本は薄い方がありがたい。
本屋には内容がまとまってない本が沢山あります。
読む時間は限られるので、読む価値のある本なら薄くても高くても買います。
質にお金がだせるようになったよ。大人だね。

作文は彫刻みたいなもので推敲で削らないと活きません。

原題は分量が多くて沢山書いてあるとお得感なのでしょうか。

Amazon.co.jpの1500円以上配送料無料ルールが悪い方に働くと
価格ありきで本が作られてしまいます。
良い本が増えるなら良いことですが、現実は・・・

工作好き