アルミの溶接

たぶんできない。アルミハンダとアルミ素材の融点が近すぎるので、ロウを勢いと課すと素材も溶けてしまう。

アルミ溶接が難しいわけ
酸化被膜ができやすいので、くっつきにくさが倍増。
ハンダだって被膜ができるとくっつかない。

アルミ溶接加工・ステンレス溶接加工・溶接修理試作は溶接屋.com!
どうしても必要なら専門業者に頼もうとおもう。
自転車パーツ・フレーム・部品の溶接修理加工
アルミの専門というより、溶接全般の専門工場みたい。

溶接機を買って出前でつくるほど強度を要求されていないし、そもそも溶接機なんかどこに置く場所があるのか。フライス盤と同じくらい置き場所に悩みます。だいたい作業する場所がない。

ネジでどうにかなるものを溶接するのもやり過ぎのような。
あったらあったで使うんでしょうけど。





工作好き