優しかった国

【医者の悪口】

医師会からの選挙支援もなくなったし、悪口を言っておこうと思ったのか。

それとも、閣下はおやめになる気じゃないかしらん。

だれたって下手に刺されたくないもんね。

asahi.com(朝日新聞社):『麻生総理、マーケットを軽視して自滅か』 【森田レポート】 – 今日の視点 – ビジネス

首相VS記者団:医師の友人は「波長の合わねぇのが多い」11月19日午後6時17分~ – 毎日jp(毎日新聞)

経済学部とか経営学部の信用がなくなるので手を出さない方が良いと思います。

竹なか元大臣ってどこの教授でしたっけ。学者に実務は無理なんですか?

駒大資産運用失敗、154億円巨額損失 – 社会ニュース : nikkansports.com

教育界に金融危機の余波、駒沢大が資産運用で損失―慶応、早稲田(3)

大麻とか資産運用でも「早慶戦」がしたいらしい。

【進学とは】

受験生のケツに火が付く季節です。

大学はいっておくと大学を馬鹿に出来るので行っておこう!と三島由紀夫は思っていたようです。

作家の「よしもとばなな」は、お父さんに「くだらない場所だと確認できるから行った方が良いよ」と言われてました。

この(↓)対談を読んで、たぶん高校生だった私はそんなもんかと思った。

吉本隆明×吉本ばなな(AD)

まあ、実際行ってみると、学者に一流と二流と三流が居ることがわかります。学者と言うより教育者として教えるのがうまい人と下手な人がいて、そしておじいちゃんは物知りだとわかりました。そんなもんです。

あと人間最後は偏差値よりも「かわいげ」があるかないかで人生変わってくるよ。

【学校法人】

人間何の根拠もなく「自分が偉くなったような気がしてくる」と何でも思い通りになるのだと勘違いしてしまうのかもしれません。今までこの勘違いが通用していたのだから日本はとても優しい国です。

母国語が怪しくても一国の首長にはなれますし、経済音痴でも経済学部は運営できるのですから。

工作好き