焼きそばには湯

ロウ付の仕組みを理解する中で、熱管理の大切さを知りました。
本体をどうやって暖めるのか。
また温度がいくらくらいか判断する方法を研究してます。

それでついでにわかったのは、焼きそばの作り方。
いつも焦げつくんです。
原因がわかった。あれ、麺をほぐすとき常温の水を入れてたのがダメだ。
フチの方に水が回ると、鉄板を冷やして焦げつくんだ。
そういや、夜店の屋台は鉄板の上に薬缶を置いてお湯をかけてたよ。

以上のことを頭に入れて作業。
暖めておいたスープを使ったら、きれいにほぐれました。





工作好き