スイス式では威張れない

日本に徴兵制を!と言う人がときどきでてくる。

徴兵制にすると若者が精神を鍛えられ、あらゆる問題が解決するらしい。どんどんやればいいと思う。ひとつ心配なのはその軍隊が成立するかどうか。戦前の軍隊をみると、ケツを棒で叩いてる記録しか残って無い。いまのケツバットは通用するのだろうか?河原で野球をやってる野球少年は大人しそうだからきっと耐えてくれるに違いない。サッカー少年は無理だろう。スポーツ少年への対応は年々やさしくなっている。
だから仮に徴兵制で軍隊など作っても、日本版では「いじめ」しか起きないと思うしまともに機能しないだろう。映画「愛と青春の旅立ち」にはならない。結構な割合で映画「フルメタルジャケット」の再演になるとおもう。

フルメタル・ジャケット [DVD]

君は観たいのかそれ。
私はもう呼ばれないだろうから、徴兵制でもなんでもやればいいさ。

武器に疎い不満分子にわざわざ武器の使い方を教えて武器まで与えるのはいかがなものか。それはもう日本国内で武装蜂起してくれというフリにしかみえない。ダチョウ倶楽部の「押すなよ」と同じである。秋葉原に突撃して最初にポリーすを刺してるのにハンドウエポンを奪わない思いやりのあるやさしい国民性を否定してまで徴兵制にすることはないよ。

徴兵制などにせず、全員が武器をもって戦えば良さそうなものだが、おじいさんが思う徴兵制はスイス式の国民皆兵ではないだろう。あのおじいさんの気持ちを満たすのは韓国式の徴兵制に違いない。

若者を一定年度軍に組み込み言うことを聞かせたいのだ。それには頭のやわらかい若いうちがよい。

日本が国民皆兵になったら絶対袖の下の横行だよね。極東アジアの伝統芸だもの。政治に近い師弟は徴兵が逃れられたり、楽な扱いを受けそう。やってみれば分かると思うけど、中央線が止まる代わりに樹海で猟銃スイサイドが増えるだけだから、あんまり意味は無い。いまの日本人を十把一絡げに集めたら、結構良質な軍隊ができる。でもそれ、どこで使うのか。

いいことの反対側には反作用もある。個人単位のテロが相当に派手になるね。だから徴兵制は嫌だなあ。武器が使えたら使うひとは使うもの。羊が羊のうちは犬の言うことを聞くけど、野性化したら犬の吠え声なんか聞かないよ。

スイスの軍事力

YouTube – 「日本は核を持て、徴兵制やれば良い」石原都知事(11/06/20)
もう属国だし。そうか!いったん軍事政権にして、民主化革命を起こして民主化するんだね。相当面倒だ。人間死が近づくとなにかしておかないと思うんだってさ。だから、おじいさんの話はあんまり真に受けちゃいけないよ。

工作好き