事故原因は個人に

中国の高速鉄道が早速衝突。電車は信号の制御システムと、安全に運用できる人と最後に車両が揃って一人前。車両を川崎重工とシーメンスのデッドコピーで間に合わせるようなつぎはぎで始めてるのを見て、こりゃダメだなと。信号システムとセットでありがたく購入するのが筋というもの。

有人宇宙飛行はロシアのかれた技術があったから成功したけれど、今回の高速鉄道の信号システムはどこから取り入れたのだろう。

H.I.S. Germany – 欧州鉄道百景
アルストム。TGVの信号システム。台湾は車両とシステムが混在してるが、台湾くらいになれば運用できる。華の国が高速鉄道を作るにはまだ早すぎたんだろう。事故を教訓に、今後の中国の独自開発に期待してます。乗らないけど。

独自技術と言ってしまった手前、運転手の運転ミスによる事故で処理されます。個人のミスを防ぐためのシステムなんだけど体面を守るためには事故原因なんてあとから作ればいいのさ。

高速鉄道は安全係数を無視した虚偽…中国鉄道部が反論 2011/06/28(火) 18:00:47 [サーチナ]

工作好き