河岸段丘

タモリ倶楽部の「国分寺崖線」が良かった。

河岸段丘が好きで、タモリさんが大学生活を始めるにあたり、上京して初めて出かけたの旅行先が群馬県の沼田市。そこまで河岸段丘を見に行ったそうです。

河岸段丘は面白いですよ。自転車に乗るようになって平地を探す目安か川です。その川が削ったあとは平らで、川よりは少し高い位置にあり、人の歩いただろう道の痕跡や生活の跡、城跡などがあって興味深い場所です。古地図をみなくても、その場所の道路の取り付け方だけで、その場所の「過去」が推測できるときがあります。

国分寺崖線

古地図・現代図で歩く 昭和30年代東京散歩 (古地図ライブラリー (別冊))(AD)

工作好き