フリーストップジンバル雲台付き


ジンバルの上にジンバル。自作スタビライザーのGimbalの上にGimbal雲台を載せてます。カメラの重心直下に取り付けネジ。横の耳軸もカメラの重心。カメラを回しても重心が変わらない仕組みです。カメラはフォーク式のフリーストップジンバル雲台に鎮座してます。かなり酔狂ですが、ひっくりがえしてローアングル、斜めにしても横にしても使えるので便利です。

カメラの向きが自由になると、どんなメリットがあるのか?まず階段の登り降りが楽に撮影できます。普通はカメラごとスタビライザーを手で下にむけて歩きます。ですから添えた手の振動を拾いがちです。ジンバル雲台をつけると手で向きを変えずとも、光軸を下げることができます。すると、余計なチカラが入らないので、普段の直進撮影時と同程度の安定感が得られます。

ちなみに私が作ったジンバル雲台はフォーク式経緯台と呼ばれるものです。双眼鏡や天体望遠鏡のフリーストップ式経緯台をそのまま小さくしました。材料は幅20ミリのアルミのフラットバーをふたつコの字に曲げてアルミリベットで固定しています。リベットなので抵抗があり、とめたい角度で固定できます。


進行方向と直角にレンズを向けることもできます。最初が真横。黄門像と細い時計塔は横向きです。弓形装置の弓の向きとカメラレンズの光軸は直角です。経験則なので間違っているかもしれませんが。いちおう書いておきます。

弓形はそのまま真横に動かしてはいけない

弓を前方向に向け、カメラのレンズも前にむけたまま真横に動かしてはいけない。なぜなら進む方向にオモリがないから。弓も逆丁字のスタビライザーも、進行方向と同一直線上にオモリがあるから安定します。弓を横に向けて進むとオモリが進行方向と直角に並ぶので安定しません。

工作好き