紅白は2時間で

今年は休日の関係で正月らしさに欠けた。年末も年始も一瞬で終わってしまった。

テレビ東京の「年忘れ日本の歌」のほうが紅白より聴き応えがあった。紅白ひどい。ジャリタレははずさないか?もう二時間くらいの濃厚短縮版にして歌手以前の歌手ははずそうぜ。それと、ここぞとばかり撮影用のクレーンとか特機を使いすぎだとおもう。

歌は落ち着いて聞きたい。だからなんか視点がぐりぐり動くのってあんまりありがたくない。セットが転換するのもべつにありがたくないなあ。子供が後ろからわさーっと出てくるのってみてて楽しいの?たまーにクレーンのオペレーターが飽きてミスとも言えないミスをしてるのがドキドキしててぜんぜん落ち着いて観てられない。

リハーサルも相当やってるんだろうけど。作り方の問題ではなくて、見せたいものがないのが可哀想。手間をかけて見せたくなるような歌い手が少ないのがなんだかね。誰向けなのか分からないし、それでも止められない国営放送は大変だ。もう、10人くらいずつでいいと思う。後ろから歩いて出てきて歌ってお辞儀してかえればいいのに。わけのわからない仮装大賞的な装置はいらないんだけど。もうあんなの歌合戦じゃない。

じゃあ、こちらはどうかというと出てる人がよくわからん。やはり私はテレビ東京がいい。
キングラン アニソン紅白2011 supported by スカパー!





工作好き