笑いの感性

最近流れている「日経新聞のCM」タクシー編。
営業先にプレゼンしに出かける男女の営業部員。
今日のプレゼンは今朝の新聞ネタからこれを使うぜ!と目を見合わせる二人。

最初コントかと思いました。サラリーマンNEOかと。

「時そば」みたいにプレゼンしに行くと、営業先の部長が先にオチをいう感じの新作落語になりそう。
誰が作ってるんだろう。なかなかの洒落たセンスがある制作チームですね。
日本経済の未来は明るい。製造業に補助金をばんばん入れましょう。

柳家小ゑん – Wikipedia
なんともすごい名前を次いでます。

(AD)

【なかなかのセンスといえば】
総理もなかなか。

 13日朝、子どもたちの前に笑顔で姿を見せた麻生総理。交通安全運動の大会で手に取った標語は、「渡れそう、今なら行けるは、もう危険」。 RKB Home Page

交通安全指導を聞いていたちびっ子には分からないけれど。
これ絶対総選挙の話でしょう、隠喩というには直接的すぎ。





工作好き