キーボードの高さについて

【キーボードの角度】
変なキーを追加したので、ホームポジションがおかしくなってます。パームレストの下にかさ上げする板を置いて、キーボードを「向こう側」に傾けて使用中。

どうにもしっくり来ません。

【親指キーの高さ】
親指で押すキーは後から付けたもの10ミリ厚の材木にアルミで、キースイッチをはめ込む枠を固定しています。板の厚みはもう5ミリ薄くても可。但し材木を薄くすると木ネジの食い込みが悪くなり、打ち込んだときの質感を変わるため考えどころです。

使ってみて、どうしてもダメなら別途作ってみようと思っています。

【掌の置き方か】
上の写真で見る限り、高さの問題はそう大きくないように思います。写真だと下になる「ベルキン改」と、今使い始めた「マイクロソフト改」は、微妙にキーピッチが違います。

「マイクロソフト改」のほうがこぢんまりとしています。パームレストに掌を固定したまますべてのキーを打とうとしているのでまだ無理をしているのかも。パームレストの左右の曲げ角度も影響しているのかもしれません。

ちなみに私は、枕が変わると寝られなくなるタイプです。

(AD)

ちなみに下が、竹の板でアダプタを作って押し込んでいたときの画像です。軸が手前にあったのでまっすぐ下ではなく、向こうに押し込んでました。親指の関節を都その動きを考えると、角度として合理的であります。

工作好き