革命的「単三電池主義」同盟

日本製のノートパソコンがずーっと専用バッテリーにこだわっているのに嫌気がさして、「単三で動く」というだけ最初に買ったパソコンがWindowsCEの私だが、何か?

バッテリーなんて劣化するし、いっこ五千円が許せませぬ。

心の底からそう思っていたので、パソコン初心者は決して買わないだろう「WindowsCE」を最初に手にしました。おかげで「Windows98」を買っていればしなくて良い苦労を散々しました。今となっては良い思い出です。

タイ人は私と同じ「単三電池主義者」らしい。バッテリーに腹を立てたのでしょう。好感が持てます。タイの人は器用ですから、組み立ては現地工場で出来るでしょう。基盤も液晶も作りかねません。

乾電池で動く200ドルのミニノートPC – ITmedia News
その辺に転がっている単三電池で動くならそれでヨシ。

メーカーがバッテリーで儲けたいのは分かるけどもう散々儲けたから良いでしょう。専用バッテリーと折れやすい樹脂の爪の時代はこれにて終了。

タイの200ドルパソコン出たら、充電器を2セット買っちゃうよ。

8本いける充電器があれば・・・?

(AD)あった。

エネループの10本一気に行ける充電器。
いい値段だなあ。
純正品ではないだろう(笑)これ。いや、純正品か。


(AD)
タフブック。

XPダウングレード済み。

本当はこのメーカーが作るべきなような、違うような。

思いついても出来なそう。
大きな会社は大型船に喩えられます。
急に進路を変えられないのです。

タフブックを見て思い出しました。

忌野清志郎 – Wikipedia
若い人は知らないだろうけど、その昔EMIからCDが出せなくなった「事件」。

自転車に乗って反原発を唱えるのは今でこそ「エコ」で時流に乗っていますが、早すぎました。当時も今もそうですが、「原発行政」は国家の主導と管理の下で行われる「政策」です。その政策に異を唱えることは「政府」に反対することになります。気を遣ってEMIの親会社は販売を止めたのでしょう。

宮沢政権が倒れてウイッシュのグランパが政権を取ったような、「お爺さん」の時代です。

親会社と政府が「ロックン・ローラー」に何を期待したのか知りませんけど、その程度に国自体が全体主義だったのでしょう。

まあ、このまま太陽光発電が順調に進んで、たとえば10年後に原発解体を始めることになったら、なぜあのとき清志郎さんがCDを出せなくなったのか理由すら分からなくなるでしょうね。





工作好き