丸善書店の棚

めったに入らないデパートに入りました。

1Fの化粧品売り場を通ると、緊張感と居心地の悪さを感じます。
リサイクルショップとか古本屋のように、ホコリが詰まってない
お店は私の場合、居心地が悪いのかもしれません。

それはやりすぎじゃないか?ってメイクのお姉さんの横を抜け、
ようやく見つけたエレベーターに乗りました。
案内板が判りにくい。

エレベーターで上に上がると、遠く笠間の山と筑波山がみえます。
ともに雨雲に頭差し込んでいるのを見ながら書店コーナーへ。

いいですねえ丸善。

棚の指し具合がよろしい。

店舗としては小さいほうでしょうか?
サイズに合わせて売れスジを並べる努力が見えます。
やっぱり書店はでかいだけでは駄目で(どことはいわないけど)
棚をちゃんと管理できる本屋がいい本屋ですね。

あー、一冊赤い大型本が欲しい。

これが田舎のPOSに頼った棚だと、まあなんだろうなって。

書店って不思議なもので、買うお店は決まってきますね。
ひたちなかのS、WonderGooの某店。
電器屋本店の本屋は、行く割りに買う率が低いです。
なんでだろう?棚がきついからかな。

MARUZEN

丸善 – Wikipedia





工作好き