書店で驚く

山本五十六長官が女?!みたいな設定はすでに小説化されてました。
しかも女子高生。なぜ女子高生?

どうしてこうなった。

新書はたくさんブランドが増えて、こんなに本がでて大丈夫かと心配になります。売れ筋を見つけるまで敵陣地に連続絨毯爆撃を繰り返すような売り方に見えます。本を選ぶだけで忙しいのではないでしょうか。

出版点数を増やせば増やすほど読者は選び、選んだゆえに欲しい本だけネットで買うスタイルになります。そうして読書家は書店に行かなくなり余計な本を買わず、売上が落ちていくように思います。

平日の夜、私が気まぐれに立ち寄った書店は仕事帰りのオジサンしかいませんでした。以前は欲しい本が入荷したかどうか確認しに日参したこともありますし、そのころはいまよりたくさんの本を買ってました。

工作好き