キーボードと下に敷く台

結局、現状維持。
左) 初公開の開発中画像。CADの時代にローテク。
型紙を使ってシンメトリーに作ります。写真は以前のもの。
今は「省力型」に変更してます。
アルミはアタリの線をケガキ、その上下1㎜に補助線をひき削りすぎを防止。

中) 現在のキーボード。改造部分にキャップとダンパーとカバー。
キャップはボルトキャップの裏返し。ダンパーはアルミのネジにゴム片を共締めして設置。
キートップ、スイッチの下にある台座ぶぶんはカバーを付けました。

右) キーボード下に敷く台。角材を斜めにカットし台形を作り、薄板に設置します。

動作自体に問題が無く、使っている私が納得しているのでしばらくこのままになっています。

工作好き