やっぱり縦書きが好き

JavaScriptがわけわからんので、テンプレートの3つ目を投入するのは断念。一度うごいたのですがあんまりにもサンプルのままで、そしてpixv小説そのままの見た目のため、その操作感が欲しいならピクシブで書けばいいじゃないかと思い断念。

無料小説/pixivの小説・SS・二次小説・携帯(ケータイ)小説の投稿サイト

自サイトで縦書きを使いたいのですが、JSは重い。私の見たサンプルが高機能で、文字サイズ、縦書き横書きが変えられるモデルでした。どこかひとつしくじるとうごかなくなります。

いちおう、TATEediterと連動すると縦書きのHTMLが書き出せるような仕組が完成したので公開しています。非商用、改変無し、追加分のファイルがはいっています。

仕組として軽量でexeファイルの、フォルダを消せば削除出来るタイプのプログラムなのでお気軽にどうぞ。
ひとりWiki縦書き簡単導入

しかし、wikiなりマークダウンで書き出す縦書きの需要がどの程度あるのかは謎ですが、せっかく作ったのでもったいないから出してみました。

やってみて回避できなかったのは、縦書きの中にある横書きのURLがはみ出る問題。こちらはひとりWikiのプラグインを使ってテキストリンクに書き換えることで解決というか回避できます。

数字と英文が横のままなのは、そのうち直します。縦書きですとなんとなくそのままでも良さそうな気もしてきました。

TATEediterはまだ使っている時間が短いので、ショートカットを覚えて無くてまだ手に着かない感じです。入力するときにちいさな窓に文字がはいってしまう問題は以下のページをみて解決しました。

小さい小窓に入力されてしまう。 – マイクロソフト コミュニティ

エディタを変えて変ったのは、テキストエリアが広がったこと。これにより文章全体の構成がよく分かります。私のクセとして、一度書いた話をなぞり直すことがあるので悪癖が減るかも。

縦書きの影響もちょっとあって、文字が小さくて二段組みのエディタを使うと文字数としてワードプレスの管理画面の倍くらいの面積が得られます。wordpressが原稿用紙1枚くらいの感覚が、TATEediterなら3枚分くらいイッキに見られる状態です。

パソコンに馴染んで相当横書きをみてきたのですが、やっぱり縦が楽です。

風邪と縦書き

追記 手っとり早く使えるようにしました。「ひとりWiki」に涅槃とh2Rvと、横書きのうちのwiki用テンプレートを入れたZIPです。

縦書き環境の構築2

なんか増えた。風邪をひいてるので治したい。睡眠時間を取るべきなのに削ってどんどん縦書きサイトのひな形が増えていきます。

h2vR.js – 縦書きを実現するJavaScript – tategaki.info

縦書き環境の作り方
昨日つくったのは小説用のスクリプトセットで、上記のは一般のサイト用です。

今日の分は作りかたを説明するところまでは届きません。たぶん問題なく動くと思うのですが、JavaScriptの動きがどーなってるのか不明なまま、こんな感じだろうと組んでみました。もう限界なので寝ます(書いてるのは明け方)

補足しておきますと、縦書きエディタでローカルウィキを動かして縦書きのHTMLを吐き出しています。入力方法は親指シフトのニコラで、Windows環境でまるでワープロのような使い方をしています。キーボードはのこぎりと半田ごてで改造しているのでなんというか、もうどうしてそうしているのか他人に解説して分かってもらう気がありません。だって楽なんだもの。

はてタテ表示はどうなんでしょう。流行るのかといえば、たぶん流行らないだろうなあ。敷居が高い。今日使ったjsファイルの組み合わせはwordpress対応で、テーマファイルを調整して使うと結構いけそうです。いちおうプラグインまでは出来て居るみたい。でも、普段見たこと無いですね。縦書きワードプレスのサイト。

今日の分を見る限りブログに組み込んでもいいかなと思うくらい良くできました。私の手柄じゃなくて配布サイトtategaki.infoの手柄なんですけど。

先週は風邪にも関わらず、パソコンデスクの高さを低くしてスライダーをひとつ取り外しました。空気清浄機のフィルターが不調だったので、勝手に部品を作り替えたりしてて、書くことはあったのですが半分風邪でダウン。あとで覚えてたらきましょう。

親指シフトと縦書きでホームページも縦書きにする方法

追記 手っとり早く使えるようにしました。「ひとりWiki」に涅槃とh2Rvと、横書きのうちのwiki用テンプレートを入れたZIPです。

縦書きのCSSが使えそうなのでエディタも縦のを使えば縦書きで入力できます。ついでにテンプレートエンジンで縦のページを吐き出すように作れば、一貫して縦書きのページが作れるのではないか。

作ってみました
ワープロ

手順

      テンプレートエンジンを起動
      目次から該当するページをクリックして縦書きエディタを起動
      縦書きのまま書いて、縦書きのままテンプレートエンジンのビュアーで確認
      HTMLを書き出し
      アップロード

計画ではこのようになります。

タグを打たず、すべてクリックと日本語入力だけで縦書きのホームページがアップ出来るはずです。

たぶん作業時間は3時間。ありものの組み合わせです。CSSの整理と微調整でいまからやれば明け方までにできあがるのですけれど、風邪で喉が痛いので、志半ばで今日は寝ます。エディタの文字エンコードを固定したくてECU-JPと打ち込むミスをしました。正しくはEUC-JPです。体調がわるいときになにかやってもダメね。

Extended UNIX Code - EUC-JP – Wikipedia

先週、先々週とホームページ作りで体力を失いました。今週は食べ物の味が分からなくて、きっと風邪と運動不足と体内イオンの何かの欠乏と野菜不足。1回ちゃんと寝れば直る。

仮に縦書きホームページが出来たとして、パソコン用の縦書きはそのまま動かない。今度は携帯スマホ対応が必要になります。いまさら端末を読んでページを分岐させるのもいけ好かない。いまの体調で作業を始めると止めどころが分からず風邪がひどいことになるので治しつつ善後策を考えます。

縦書きホームページと自動化に関わるファイルを作るのは決定。スマホ用までやるかどうか迷い中(たぶんやらない)そして、できあがると夢の縦書きホームページwith親指シフト入力という、21世紀を無視した感じのパソコン作業になります。やった。

動くと三万円するんだ。

せっかくなので、縦書きサイトが出来た暁には親指キーボード作りからページを作るところまで解説する内容で作りましょう。需要はきっとない。5人くらい?

縦書きCSS

縦書きWebデザインアワード
久しぶりに縦書きのスタイルを触って見たら、随分と良くなっています。

ページ送りもGithubにページ送り機能付きのスクリプトが上がっていてそのまま使えそう。レイアウトは横の物を縦にするだけ。

ショートカットのページ送りがあれば最高ですが、alt+pagedownが利かない。

私だけなのでしょうけど、縦と横のときって文字の認知が違うので、自分のサイトのスキーのページをためしに縦にしたら、断然書き直したくなりました。行間とリズムが横の時とちがうから、単純な流用ではだめなのです。同様に縦の文庫本を横で読むとなんだか気持ち悪い。

いまだに紙の日本語の本で横書きなのを読むと辛いので、前世がもしあるなら私は代々日本の人です。

こんな、マイクロソフトくらいしか得しないコンテストには参加しませんけど縦書き前提でページをつくるのも面白いかも。

Markdown for Windowsと見せかけてのPukiwiki

11月に入る前くらいから、ホームページを簡単に作る方法を実現すべく作業してきました。

当初はひとりWikiというパーソナルウィキで完結するだろうと考えて見栄えの調整で終わるはずが、いまひとつ完成せず。

手動、テンプレートとの掛け合わせ、レイアウトの一括改修という点ではひとりWikiは最適ですがなんかちょっと違う。

3種類使ってみた。

Atom
壮大。日本語になるけれど、なにがどうなっているのか分からないエディタ。画面が黒い。知らない人のアイコンと英語のコメントが邪魔。ファイルの保存方法で迷ったので処分。

MarkDown#Editor | HiBARA SOFTWARE
動作問題なし、ただ、書き出し式なのとテンプレートファイルをいじれそうにない。昨日のうちに、使うのを止めました

Introducing MarkdownPad 2 – MarkdownPad News
吐き出すHTMLファイルがいじれない。ヘッダのスタイルシートを呼び出す便利機能は15ドルの有償版のみ。削除。

結局 Nazuna に。

マークダウン記法だと思って信じていたのが実はpukiwiki記法で、自分の適当に笑うばかり。

ほかにvimを使ったgithubにあるなにかを使うとできるそうですけど、そう言う人の解説ページはインストールのコマンドした書いて無くて、何を言っているのか分からない。

私くらい更新しないタイプは、普通のテキストエディタで充分。