CMS選び2016 Baser or Baked

ブログの情報をまとめ直したい。そのとき必要なのがCMSです。

ワードプレスで十分じゃないかと思われるかもしれませんが、wordpressはお題を絞ってまとめるのは苦手。MovableTypeならミニサイト化機能が付いてましたが重いのでMovableTypeは無し。

テキストエディタとテンプレートを作って頑張って作るぞと意気込んでいたのは去年の夏。以来、サイトのページは増えていません。

wikiもなんとなく作りましたが、単一テーマなら便利ですがテーマとフォルダが分散する場合、そこに対応する機能がなくて使わなくなりました。mediawikiは重すぎて使い物にならず。

ページ名、ファイル名のコントロールができるなにかが欲しい。そして、テキストエディタではない、便利ななにか。

そうだ、CMSにしよう。

baser CMS – 国産オープンソース!フリー(無料)で『コーポレートサイトにちょうどいいCMS』
これなら簡単にインストールできる。

最も使いやすいオープンソースCMS – フリー(無料)の国産CMS Baked
むかし利用していたPetitCMSと同じ作者が提供する、ブラウザ上で見た目で編集できるCMS。

ほかにもCMSは星の数ほどありますけれど、英語を読みたくないので国産にこだわりました。CMSはPHPで作られています。だいたい50パーセントくらいの高い割合でインストールにすら失敗するので英語版は無理。

Gitを使ったプログラマー用の、マークダウン記法で書くタイプのCMSもありますが、こちらはコマンドラインで打ち込む必要があり、いくら読んでも要領を得ない説明書つきで、インストールどころか設置方法すら分からないものばかりです。

CMSはあると便利
わたしのカメラのページは、カメラという1つのお題でひとつのCMSを作りました。内容に応じて枚数を増減するとき、メニューが連動してくれます。10枚くらいのちいさいファイル群を作るにはPetitCMSが最高でした。

CMSのサポートが切れたので、そっくりそのまま別なHTMLに内容を写しましたが、いまでもうごくなら使いたいくらいです。ページを作る原動力の半分は、できのよい道具がにないます。

2016年のミニサイト作り
PetitCMSを使わなくなってから随分時間が経ち、いまは2016年。最初にHTMLを手打ちして、テキストエディタでなにか書き始める効率が悪いことに気が付きました。

baser CMSかBakedが一番現実的で簡単な道具かなと考えています。

追記 それから1日経ってCMSはインストールしてません。

ローカルでphp環境を整えてpetitCMSを入れようとしましたがphpがうごきません。IIS7をつかってウインドウズで立ち上げたのに、パスが通らないのかなんなのか。作業中大洗に遊びに行ってお団子を食べて帰ってきましたが、右往左往しているうちに夜。

お風呂にはいって考えてみると、要はタグが見えなければ気が楽なのです。タグを観るとどこに何をいれるか毎回判断が必要で、タグの画面である限り心が落ち着かない。

WYSIWYG(ウィジウィグ)のエディタがあれば良いのではないか。

私のサイト作りでお世話になったのがWYSIWYGエディタ。WYSIWYGエディタなら2画面にして上にHTMLタグ、下にブラウザでみえる画面がでてきます。文字の変更はブラウザ表示ウインドウの中にある文字にカーソルを当てて改変できます。

CMS、PHP、テキストエディタが問題なのではなくて、私の慣れた方法に戻すことがもっとも手っとり早く効果的な方法であることがわかりました。違和感を感じて、理屈をたどって悩んだ結果が「昔に戻す」というのは無駄な労力をつぎ込んで萎えますが、案外、嫌なことの原因なんてそんなものです。原因は胸元に「原因」とかいたゼッケンを付けてきませんから、問題点を解消するには壮大な手間が掛かります。

むかしのWYSIWYGエディタはライセンスが2つあって、ひとつはバージョンアップを2回した上に譲渡済。もうひとつ安いときに手に入れたのがあるのでそちらを復活させました。すでにPCに入れて忘れてました。

少々古いソフトですけれど、サーバー上に置くわけでないので、まあ良しとします。

これでようやく「日本語だけ見える画面」が整いました。試しにページを作ってみたらやっぱりタグも英語も出てこないストレスフリーの環境で拍子抜けしました。

WYSIWYGエディタをいくつか紹介して終わりにします。

Microsoft Expression の変更点 | Microsoft Expression

Mozilla エディター

KompoZer – Easy web authoring

以上、有名どころで3種類。強いサーバーにいろいろCMSを入れて使うのもよいのですが、クライアント側で工夫するのもひとつの手ではないかなと。

やっぱり縦書きが好き

JavaScriptがわけわからんので、テンプレートの3つ目を投入するのは断念。一度うごいたのですがあんまりにもサンプルのままで、そしてpixv小説そのままの見た目のため、その操作感が欲しいならピクシブで書けばいいじゃないかと思い断念。

無料小説/pixivの小説・SS・二次小説・携帯(ケータイ)小説の投稿サイト

自サイトで縦書きを使いたいのですが、JSは重い。私の見たサンプルが高機能で、文字サイズ、縦書き横書きが変えられるモデルでした。どこかひとつしくじるとうごかなくなります。

いちおう、TATEediterと連動すると縦書きのHTMLが書き出せるような仕組が完成したので公開しています。非商用、改変無し、追加分のファイルがはいっています。

仕組として軽量でexeファイルの、フォルダを消せば削除出来るタイプのプログラムなのでお気軽にどうぞ。
ひとりWiki縦書き簡単導入

しかし、wikiなりマークダウンで書き出す縦書きの需要がどの程度あるのかは謎ですが、せっかく作ったのでもったいないから出してみました。

やってみて回避できなかったのは、縦書きの中にある横書きのURLがはみ出る問題。こちらはひとりWikiのプラグインを使ってテキストリンクに書き換えることで解決というか回避できます。

数字と英文が横のままなのは、そのうち直します。縦書きですとなんとなくそのままでも良さそうな気もしてきました。

TATEediterはまだ使っている時間が短いので、ショートカットを覚えて無くてまだ手に着かない感じです。入力するときにちいさな窓に文字がはいってしまう問題は以下のページをみて解決しました。

小さい小窓に入力されてしまう。 – マイクロソフト コミュニティ

エディタを変えて変ったのは、テキストエリアが広がったこと。これにより文章全体の構成がよく分かります。私のクセとして、一度書いた話をなぞり直すことがあるので悪癖が減るかも。

縦書きの影響もちょっとあって、文字が小さくて二段組みのエディタを使うと文字数としてワードプレスの管理画面の倍くらいの面積が得られます。wordpressが原稿用紙1枚くらいの感覚が、TATEediterなら3枚分くらいイッキに見られる状態です。

パソコンに馴染んで相当横書きをみてきたのですが、やっぱり縦が楽です。

風邪と縦書き

追記 手っとり早く使えるようにしました。「ひとりWiki」に涅槃とh2Rvと、横書きのうちのwiki用テンプレートを入れたZIPです。

縦書き環境の構築2

なんか増えた。風邪をひいてるので治したい。睡眠時間を取るべきなのに削ってどんどん縦書きサイトのひな形が増えていきます。

h2vR.js – 縦書きを実現するJavaScript – tategaki.info

縦書き環境の作り方
昨日つくったのは小説用のスクリプトセットで、上記のは一般のサイト用です。

今日の分は作りかたを説明するところまでは届きません。たぶん問題なく動くと思うのですが、JavaScriptの動きがどーなってるのか不明なまま、こんな感じだろうと組んでみました。もう限界なので寝ます(書いてるのは明け方)

補足しておきますと、縦書きエディタでローカルウィキを動かして縦書きのHTMLを吐き出しています。入力方法は親指シフトのニコラで、Windows環境でまるでワープロのような使い方をしています。キーボードはのこぎりと半田ごてで改造しているのでなんというか、もうどうしてそうしているのか他人に解説して分かってもらう気がありません。だって楽なんだもの。

はてタテ表示はどうなんでしょう。流行るのかといえば、たぶん流行らないだろうなあ。敷居が高い。今日使ったjsファイルの組み合わせはwordpress対応で、テーマファイルを調整して使うと結構いけそうです。いちおうプラグインまでは出来て居るみたい。でも、普段見たこと無いですね。縦書きワードプレスのサイト。

今日の分を見る限りブログに組み込んでもいいかなと思うくらい良くできました。私の手柄じゃなくて配布サイトtategaki.infoの手柄なんですけど。

先週は風邪にも関わらず、パソコンデスクの高さを低くしてスライダーをひとつ取り外しました。空気清浄機のフィルターが不調だったので、勝手に部品を作り替えたりしてて、書くことはあったのですが半分風邪でダウン。あとで覚えてたらきましょう。

ひとりWikiにmeta propertyタグを追加

ヘッダのメタタグを手直ししたwordpressに合わせて最近の書き方に直してみました。

< meta property=”og:title” content=”< #Title"> / >

サイトのURLが気になってました。メタタグで著者情報などをいくつか追加。以下作例。
自動車/ガソリン臭い

wiki/BCABC6B0BCD62FA5ACA5BDA5EAA5F3BDADA4A4.html

上記のリンク部分を抜き出してみるとURLに可読性がない。専用ソフト経由で見ているため操作する分には問題なし。URLは直らない模様。

gasoline-smell.html

SEOの世界では上記が理想。しかし、当サイトの場合wordpressは設定がデフォルトの数字のパーマリンクで、ウィキのほうはソフトのURLを好きな文字列に指定出来ません。可読性のないエンコードされたURLのページがアクセスのあったページとして表示されるのはGoogleアナリティクスの仕様ですから仕方ない。

wikiの設定で何か変えられるかと思ったのですが考えればwordpressも同じ数字のパーマリンクしかみえませので、どこにアクセススがあったのかはページタイトルで追えばよい。よく考えるとなんの問題もないわけです。

ワードプレスは最初の設定で英語名が使えますが、wikikのページ名がエンコーでぃッドなのは仕様です。
パーセントエンコーディング – Wikipedia
wiki本体もブラウザのURLが日本語ですが実際のリンク先はパーセントコーディングのままです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91(以下略)

結局本体ですらアクセス解析を間に通すと%ぐにゃぐにゃのほうが表示されます。本体がその仕様なら仕方ないので私も諦めます。

以上のことから、今週ずっと嵌り込んだマークダウンエディタに切替えたら幸せになれるかもしれない問題はなったことにします。仮にマークダウンで作ったとしてページ名以外のメリットはなく、自動化されたこなれたソフトがありませんので私が使う限り意味がないことが判明しました。(疲れた)

今後もこのサイトは初期設定で失敗していまさら変更の利かない(笑)デフォルトパーマリンクの「wordpress」と、地味に便利で、久しぶりにページ作りが楽しくなる「ひとりWiki」と、軽いテキストエディタでサイトで更新をしていく所存です。

マークダウンエディタは5コほど使って見たのですが手に負えなくて削除して、あとで使いそうなNazunaは残しました。

作業中UnEditorを見つけて追加しました。画面が左右に割れるので、コピーとか調整が楽です。いままで使っていたいちばん軽いエディタはシングルウインドウ。削除せず簡単な作業のときは相変わらず使っています。

読んでもらえるページはエライ

やらなくても良い作業が始まってしまって今月前半からずっとページの改修をしています。

最初のうちはひとりWikiのテンプレートイジリで楽しかったのですが、いまはwordpressのサイトの表示速度を速くする作業であんまり面白くありません。

書いて読んでもらえるのが良いサイト。読んでもらうために高速化するよりもテキストを書き直した方がいいと思っているので、ワードプレスの高速化とかチューニングみたいな作業は本筋じゃないとおもうのです。かといって表示が早いほどよろしいのですが、やってる本人は前に書いたテキストを直したいと思っています。

そうはいっても素人の文章ですから直したからと云って急に読みやすくもなりません。直さないよりはマシな程度。wordpressのチューンもやらないよりはマシな程度ですので、なんというかやっつけ感覚なのです。

それに比べてひとりWikiのテンプレートにスタイルシートを付ける作業は創造的でした。結局文書次第で、枠がなにかなんて皆さん気にしちゃいないのでしょうけど。