エア台は60㎝で

フリースタイルスキー・モーグルに新ルールが登場。
エア台の高さが60㎝(24吋)になる。
これにより、カービング・ターンが得意な上村愛子に有利とある。

-+-

【ルールを変える理由】

FISに限らず欧米人は、スポーツの「ルール」を面白くするために改訂する。もしここで上村のターンがあんまりにも高得点になるようなら、点の配分は変わるだろうしルール自体も変わってしまうだろう。

-+-

【まるでエアリアル】

飛びすぎるエアも考えもの。

見てておもしろかったのはソルトレークの女子まで。その前くらいから男子は縦回転や軸ずらしの技が採用される。Dスピン720といわれても。

基準が良くわからなくなった。スキーをする私でさえ、見てる方は置いてきぼりを食ったように感じた。

-+-

【60㎝は結構低い】

60㎝は今までの半分くらい。 猪苗代で現物をみたときはエア台の高さは1メートルを超えていた。 この台に傾斜40°近くの絶壁を降りながら時速30~40キロくらいで飛び上がるんだからどうかしてる。

ちなみに60㎝というか高さ。

私でも飛べる。猪苗代リステルのモーグルコースでモーグル用の長い板をはいて飛べと言われたら無理だが、普通のスキー場のパークにあったらスノーブレードで飛べる。

低くなることで大技が出しにくくなり、かつ難しくなるだろう。

-+-

【競技がどう変わるか】

  1. 60㎝では縦回転ができないのではないか
  2. 使える技が横回転とトリプル
  3. 出来ることが減るので比べやすい
  4. 運に左右されにくい

こんなところか。

採点する側は楽だ。採点基準が明快になる。Krysia Collyerさんが指摘するように、2010年のオリンピックに向けてルール改定中ということなのだろう。

見てる方も、バーチカルのコークスクリューとただのバックフリップと浅いDスピンの順番を悩むより、さっきのアイアンクロスヘリコプターとグラブヘリを見比べる方が楽しいだろう。

-+-

08-09モデル 上村愛子モデル Bolle[ボレー] スノーボード[スノボー]/スキー ゴーグル SCREAM[ス…(AD)

愛子に追い風「ターン重視」にルール変更 – スポーツニュース : nikkansports.com

Mogul rules stump ski judges : TheThunderbird.ca

Moguls – Fiswiki

モーグル スクール & F-style Club

工作好き