ライフハック本について

ライフハックなるものが最近流行らしい。
雑誌まで出ている。

「自分をgoogle化する」といわれても、一体どうすればよいのだろう。google社員はほぼ東大卒らしいが、その人のようになれと言うのか。優秀な人の真似をするのは辛かろう。

ライフハックなるモノは、気の持ち様だけのように思う。仕事を効率化するのは一見正しいように感じるかもしれない。しかし、仕事の簡略化は突き詰めれば「働かないで金が入る」だ。

目的がそれではつまらなくないか?

時間をやりくりしても結局会社の利益にしか成らない。仕事を効率化しても忙しくなるだけ。

何かが間違っている。

根っこがダメなら早く引っこ抜いて新しい種を植えればよいと思うのだが、今の自分が間違っているとは認めにくいのかもしれない。だからどこかを手直しすれば幸せになれるかもしれない。そんな夢を見る為に「ライフハック」は流行るのだろう。

工作好き