Macの親指シフト化

ひどい目に遭う。

てもちのG4に109のキーボードをつけて、 親指シフト入力をしようとしたらかなり前のほうでコケる。

書く気力がないので後で追記予定。

ギガントつらゆす。

(AD)

親指シフト for Mac OS X
OSをTigerにしておけばよかった。
10.4から上は最初からMSのキーボードを認識する。

ちょっと便利かも / Windows JIS キーボードを Mac で使う
JISキーボードをマックで使うための便利なアプリ。

環境がクラッシックの場合は親指化ソフトもキーボード用のアプリも異なるようです。
バージョン縛りがキツさはウィンユーザーからすると新鮮でした

+追記 10月17日

しばらくマックのセットアップに時間を食われました。
動いてしまえばパソコンですからどうにかなります。

どうにかなると言いつつ、動かないモノは動かないことにしました。
動かなければ深追いせず、あきらめて切り捨てる姿勢で挑みました。

まずは最初の試練。

-+-

マックにブラウザをインストールする

ブラウザのインストールに手間取りました。まともに動くものがすくない。

Mac版のIE5は存在しますが、うちの環境では文字が崩れます。自分で解決して直す予定もありません。Mac版のIE6は存在すらしません。ベータ版で開発が止まったようです。

Safari が基本のようです。FireFoxはバージョンに合わせて入れてみたのですが、最初の一回は起動しましたが以後はうんともすんとも言いませんでした。結果、Oprea を使ってみました。久しぶりに使ってみたら、随分洗練されて使い勝手がよくなってました。

-+-

第二の試練。

【マックのCDドライブを開ける方法】

G4本体ににエジェクトボタンは存在しません。
本体のドライブにボタンが付いているウィンドウズとは違います。

ドライブをあける方法がいくつかあります。

  1. 安全ピンを探してきて広げ、ピンをCDドライブの強制排出ボタンに突っ込む。
    ピンが板を押すような感覚とともにドライブのフタが開くので、手で引っ張り出す。
  2. エジェクトのファイルにあらかじめアクセスし、画面右上にエジェクトのアイコンを表示。
    /System/Library/CoreServices/Menu Extras/Eject.menu < ダブルクリック
  3. iTune を起動させ、iTuneのエジェクトボタンで排出。
  4. F12キーがエジェクトに割り当てられるので押してみる。

なぜかうちではF12が使えません。安全ピンが大活躍。

5.G4の筐体にドリルで穴を開けて、エジェクトボタンを露出。
はめ殺して使えなくする理由が納得できず。
今はまだ我慢しているがそのうちドリルかも。

-+-

【MacとWindowsでファイルを共有する】

私の場合、軽いファイルがWINDOWS<->MACで移動できればよいのでLANを組めば問題は解決。でも、パソコンを2台同時に作動したくないので手っ取り早くUSBメモリで移動させようと思っていましたがこれもなんだか非効率。

レンタルサーバー領域を使えばよいと行き当たり、FTPを探してみました。

結局フリーで適当なモノが見つかりませんでした。
マック用のFTPなら以下を参照して下さい。

FinderからFTPにアップロード – [Mac OSの使い方]All About

手持ちのDreamweaverをマックに入れることにしました。このソフトは最初からFTPは入ってますし、結局のところ私はブラウザ以外はこれがあれば十分なのです。Officeがなくても、Dreamweaverだけは必須。

(AD)アマダナUSBメモリ

工作好き