新しい趣味

カメラ工作も、やめませんけど、熱中する時期が過ぎてしまいました。三年くらいが限界か。

スキーもいちど熱が冷めるともどらない。自転車は手軽なのでたまに乗ります。ただ、のりはじめたころのように、無意味に福島に行ってみたり茂木を往復したり、龍ヶ崎にキャンプにいくのにひとりだけ自転車みたいな、そういう無茶はしなくなりました。

いまは安い折りたたみ自転車が欲しいです。袋に入れて輪行できるものなら何でも。

ついに禁断の自作自転車に手を出そうかと。乗れるしたのしい。私の趣味は子供の頃の焼き直しが多くて、自転車も実は小学生のころに子供用自転車を改造してましたから、ある意味全然成長していないのかも。適切な素材の選択と強度を考慮した加工が要求されます。カメラなんかと違って命がけです。計算を間違うと怪我しちゃう。きっと、人が来ない分野のひとつでしょう。

ほしいのは、リバイブ的な乗り方ができる折りたたみ自転車。クランク位置が前にでた自転車ってものは少なくて、さらに折りたたみは皆無。昔、一台だけあったのですが・・・クランク位置を前に出すには自転車の構造自体を変更せねばなりません。やるとしたらロウ付け。よそからいっこ部品を持ってきて付けるような、そういう方法になるでしょう。形が決まっているならフレームやさんに発注出来ますけど完成品の改造とか職人は嫌がるだろうなあとおもうと自分でやるしかない。

そして、すでに先人はいらっしゃって。竹は難しいらしい。アフリカの竹と日本の竹は中空の割合がぜんぜん違います。

改造自転車(実践編)Handmade Bicycle





工作好き