朝起きたら地震そして福島を思う

地震がありました。ちいさな揺れで始まりゆっくり大きくなりました。周期がおよそ1秒ほどになったとき家が軋む音がしました。

キラーパルスって1秒くらいの周期のはず。定義せず安易に使うことばではありません。

キラーパルスについて|境有紀のホームページ

私の住んでる場所がわりと軟弱地盤なので地震の揺れは増幅されて長引きます。すこし台地を上がった場所の被害が軽微でも、平地の我が地には被害がのこり、いまだに道路の路面がぐにゃぐにゃしています。近所の道路は国道から外れた枝の枝で、いまごろようやく補修されました。クルマで走るとやっぱり平らな路面は楽です。

自転車の長距離サイクリングが楽しかったのは地震の前の話で、地震後どこにいっても凸凹路面に出くわすので距離を走らなくなりました。もうそろそろ福島のほうに遊びに行きたいと、なんども思っているのですが道路が直っていないと運転がつらいので行くことがなりません。

国道6号は開通したので、宮城ナンパーの何を運んでいるのかわからないけれど太い鋼管を積んだトレーラーを見かけました。あのクルマも富岡町から上のノンストップ14キロ区間をこれから通るのでしょう。

JAF|地域情報|【福島】国道6号の規制解除!帰還困難区域の全線で通行が可能になりました。
14キロ。クルマでおよそ15分。その間は空気を遮断して窓を閉めて暖房も内気で走らねばなりません。

我が家から例えば仙台にいくときは4号をつかってます。6号はいちどドライブしたことがありますが、お店がなくて景色が変らなくてハンドルを握っていてうんざりした記憶があります。10キロごとに轢かれたタヌキがいて、さっき見たタヌキと同じなのではないかとときどき不安になるくらい単調でした。

いつも北に上がるときは須賀川を目指します。猪苗代に向うのと、那須に向う道路をわざと同じにするために常陸大宮、東館、塙、棚倉を通る道を好んで走っていました。矢吹で曲がると白河那須に。直進して矢吹で国道4号に乗り、比較的開けている須賀川から北上するのがコンビニも多いですし気分が楽です。遠出するときは渋滞を避けて深夜に走るので街明かりがないとつらいんです。

春には三春の桜など見たいなとおもいます。まあ、なんだかんだで行かないことのほうが多いのですけれど。

三春に子会社アニメ聖地に エヴァンゲリオン制作のガイナックス | 県内ニュース | 福島民報

工作好き