鉛筆は壊れない

形ある物はみな壊れる

武雄市教育用タブレット端末 不良品続発明らかに|政治ニュース|HUNTER(ハンター)|ニュースサイト
学校でシャープペンシルが禁止でした。いまでも鉛筆以外の使用を避けている小中学校は大半だと思います。

シャーペンは壊れるんです。だから鉛筆が原則。あと、ネジが付いていると男子中学生は無駄に分解組み立てをします。そして壊します。壊して直す能力がないので壊れたまま授業を受けて勉強がわからなくなるので鉛筆なのです。

勉強のできない子がいて、シャープペンシルが原因と言われないように鉛筆を使います。最近の現場がどうなのか知りませんけど。

2015年に配給される小型の電子機器が壊れるのですから、そりゃ南方戦線に送った飛行機なんてまともに飛ばないでしょう。本土から飛行機を送ると三割以下しか届かなかったそうです。

こんな武器はイヤだ

安全装置が液晶の自動小銃とかイヤですね。電子トリガーも液晶とか最悪。自衛隊を海外にだすとか言ってますけど、ちゃんと使える武器をもっていかせてやらないとかわいそうです。渡された無線機にソニータイマーとか付いてたら鹵獲品を使うか現地調達するかも。カラシニコフのほうが便利だぞとか。

テレビのリモコンが嫌い

テレビのリモコンボタンが嫌いです。使いにくい。BSと地上波のどっちになっているのか分からないリモコンがあります。あれは使うひとの気が知れません。どうしてレバー式のセレクターを付けないのか。テレビも地上波だけやってれば良くてBSはネット配信で充分ではないでしょうか。CSは好きにすればいいさ。

テレビのリモコンの何がいやかというと壊れることです。押したあとのレスポンスも悪い。ああいうのは機械式にして、ガチガチまわるダイヤルでいいじゃないかと昭和の人は思います。スイッチのオンオフは長い棒でできます。そういう長い棒を工夫して作りたい気分です。

壊れた電子機器の修理の仕方

液晶タッチパネルのカメラを1台壊したので液晶を取り寄せてます。こういうのは自分でなおします。もしかするとキタムラあたりで部品は取り寄せが利くのかもしれません。以前、ネジは頼んだら買えました。取り寄せが聞くかどうか確かめたくないので、海の向こうから買います。

ただのメカフェチなのかもしれないですね。ボールペンは好きだけどシャーペンは苦手です。最後使えないのが残ることが昭和のもったいないオバケ世代としては許せ無いのです。たしかに最後まで使い切れるシャーペンがあるのは知ってますよ。でもやっぱりそこは鉛筆かなと。

工作好き