水戸市郊外のチェーン店が撤退

近所のカレー屋は先日建物を整理してて、会社が倒産した模様。カレー屋はメニューが半ばコースのようになって少量多品種の凝った料理を出してて野郎の私としてはココイチでイイと思いつつ食べていました。おいしいけれど、厨房で作業する人は大変なんだろうなと想像を巡らせていました。

水戸の笠原にあるコジマ電気は店舗統合を名目にお店を閉めています。店名が笠原NEWコジマなのは、旧コジマの時代があるから。あの規模で撤退されると、いろいろ影響があるのでは。

県庁の先のホームセンターダイユウエイトがやっぱり閉店してまして、これで水戸の郊外型チェーン店が成立しないことがばれました。

水戸市内の中心部もわりといろいろ撤退やら建物を壊して駐車場ばかり増えています。ちかくの赤塚、内原のほうに人口が移っているのかもしれません。若い世帯はなんとなくどこかに行って、年寄りばかり残っているような。数字ではでてきませんけど、保育園や幼稚園の数、市立中学の生徒数などは軒並み影響を受けているのでは。

工作好き