パソコンモニターの位置を低くする方法

パソコンモニターは目線の下にしたい

モニターの位置を低くする
モニターの位置を低くする加工。加工前と加工後。

パソコンテーブルの天板が少々高くなりました。もともとこのデスクがPC9800とかあのへんに向けて作られたもので、ブラウン管のCRTモニター用です。いまのパソコンのように脚がついないなのでこの高さで丁度よいのですが、交換した古い方の安物デスクと比べると5センチ天板が高い。

モニターの脚の取り付け位置をずらせばいいのではないか

取り付け位置の変更
モニターの背面にある正方形の鉄板

天板が高いとその上に載せるモニターも高い位置に来てしまい、目線がちょっと上向きになります。首が疲れるのでモニターを下げることにしました。

昔1度考えたときは天板を取って載せ直そうしました。ただ、いまはスライド板が着いているのでできません。となると、脚を取ってしまえとばかり試しに取ってみました。脚がないとちょうど良い高さです。

そうはいっても、脚なしモニターでは自立しませんのでつっかえ棒が必要で、どうせ棒を付けるならと、1度外した脚を加工して付けることにしました。

モニターを下げるための加工

角度調整のできる脚とモニターは鉄板1枚で取り付いています。この鉄板もDELLお得意の薄い板。モニターアーム用の四つ穴は着いていますがこの鉄板はちいさなプッシュボタンとライドする爪に連動していて、モニターアーム用の四つ穴とは別に取り付いてます。

鉄板が薄いので加工することにしました。

脚の最上部にコノ字型の鉄板があります。折り紙くらいの正方形の鉄板にネジ穴四つ、コノ字金具側にネジ山がきってあります。分解してみると皿ネジで、皿の頭を鉄板側に埋め込めればそのまま取り付きそうです。

加工方法

適当にマジックで線を引いて尖らせた釘でケビキしてポンチで鉄板を凹ませます。切削オイルを垂らしてドリル。まず、ネジより一回り大きな穴を開けて取り付けネジとします。ケガキ線が目分量で一応長さを測っていますがわりといい加減に穴があきました。ちゃんと取り付くのだろうかと一抹の不安。失敗したら下にずらして開け直すことにします。

幸い穴は上手くあきました。

取り付けるときに鉄板はモニター背面と密着しますので、皿ネジの頭が外に出張っているとロックがかかりません。皿ネジの頭ぶん、一回り大きなネジで受けを作ります。ここも目分量。1度あいた穴にあてがって、深さでいうと鉄板の半分、半ミリほど削ります。こんな加工で大丈夫なのだろうかと思いつつ作業。

切り子と油を拭き取ってネジ留めしたらふつうに使えるようになりました。本来プラスチックのフタが着くのですが背面で見えないのでそのままにします。色を塗ったほうが安鉄板が錆びないのですが、海も遠いし湿気も少ないのでこのまま使うことにします。

エルゴトロン LX Desk Mount LCD Arm 45-241-026
もしかしたらエルゴトロンのモニターアームをつけて上下可動式にしたほうがよかったのかも。

【HARD HEAD】 卓上ボール盤 mini HDP-10B MTJP
一家に1台有ると便利な卓上ボール盤。





工作好き