グラビアアイドルの後ろに見えるもの

カメラの趣味を初めて以来、アイドルやグラビアの人の写り具合を気にして観るようになりました。

モデルの人気とカメラマンの腕は比例するらしく、人気のモデルには人気のカメラマンがつきます。光の当て方など参考になります。人物を撮影する予定がとんとありませんが、立体物の丸いものには多少応用が利くかなと思いながらみています。

フィルム時代のアイドル専属のカメラマンが書いた手記を読むと今よりもお金がかかっていました。わざわざマンハッタンにアイドルを連れて撮影に行ってます。後ろに飛行機が崩れる前の世界貿易センタービルが2本とも建っています。

今井美樹の鼻の無い写真は露出オーバーで撮ったらしいです。

私は団塊ジュニアで1980年代のころの写真を良いと思って観てきました。肌色は茶色気味で、階調を使って影の部分が残る写真のほうがよく見えます。いまはデジタルですから後処理の問題なのか光の当て方なのかレンズの進化が原因なのか、とりあえず肌色は飛ばしてして影を作らない取り方が主流です。平面的に取ったほうが二次元の人もうれしい?

素顔のシャッターチャンス―HOW TO女のコまるかじり





工作好き