コタツトップパソコン3 ユニットダウン

コタツのユニットをパソコンデスクの足下に置いています。詳細は省きますが、段ボール箱の中に木材で枠を組んでコタツユニットを収めています。

いままでは、膝にぶつかる50センチ高に設置しました。ユニットの外を覆う箱の上面が熱くなるばかりで足は冷たいまま。足下が暖かくならないのはまったくの計算外です。ユニットが発する熱量は充分でも、内部の空間設計でしくじったようです。

とにかく爪先が寒いので改修工事を施します。コタツの電熱ユニットは板とL字金具を介して簡単に固定してますので改変が簡単です。固定位置を15センチ下げました。

改修後コタツユニットの下面は床上25センチになりました。位置を低くすることで床にまず熱が溜まり、次いで空間が暖かくなるのです。コタツの基本を忘れてました。失敗して初めて問題が露呈するのは世の常です。

結果的に通常のコタツと同じ高さになりました。ユニット上面に板を貼っているので、板の上にミカン箱ほどの空間が生まれます。本来のコタツにはあり得ない空間ですが、熱は上に上がるので、足を突っ込む箱全体が暖かくなり好都合です。杓子定規にすべて箱組せず、いつでも改変できるように雑な板で組んだことが功を奏しました。足を入れる箱の形も段ボールで3回ほど作り替えています。

DIYに試行錯誤は付きものです。

工作好き