キーボードを引き抜く道具を作ってみた

キーボード引き抜き器の自作
キーボード引き抜き器の自作

キーボードを引っこ抜く道具を作ってみました。

キーと同じくらいの断面を持つ角材。

ステンレスの針金。細い。たぶん0.3から0.5ミリくらい。

ダイアテックの市販の引き抜きを観ていたので、針金を二重に掛ければ簡単だろうと角材に2箇所穴を開けてそこに針金を通しました。

2回縛ろうと思ったけれど、これは1回にして、2つの穴でループするようにしました。針金は一筆書きでたどれるので、片方が伸びすぎたら引っ張って戻せます。

使って観た感想
ふたつの針金を1点で縛った方が良かった。縛り付ける部分が1つなら針金は閉じる方向に向うので作り方としてあまりよくない。針金が4点で釣られるので外れる動きをしてしまう。

針金の脚はおよそ3センチ。ステンレスの針金はクセが付きやすい。園芸用の軟鉄の針金で充分だった。むしろ鉄のほうが形が整う。単純に輪を2つ作って真ん中をフックで引っ張る方式にしたほうが楽に違いない。

DIY簡易キーボード引き抜き器
DIY簡易キーボード引き抜き器

このくらいで充分です。むしろ使いやすいくらい。針金を使って作って、使い古しの歯ブラシの柄にでも付ければ最高。





工作好き