セーターの洗い方

セーターを手洗いする

洗剤の説明書によると、摂氏30度以下の水に漬けて15分放置。2度水をすすぐ。

前回は100円ショップで詰め替え用の袋で買って入れ物を差し替えたため洗い方の書いた部分を捨ててしまって、お湯でバシャバシャもみ洗い。干したらセーターが伸びました。

今回は水の温度を低めにして、すなおにつけ置き洗いをします。

冬ものを仕舞おうとしたら黒のセーターばかり。15分後にすすぎをすると黒いよごれが出てきます。作業場と部屋で着ていたぼろセーターはきれい。外出着にしていた混ナイロンのセーターのほうからは汚れがでてきました。

すすぎをすくなくするコツは、洗剤から上げたときに軽く絞ること。吸い込んだ汚れ水を吐き出してからすすぐと水がすくなく済ませます。

ダウンの洗い方

ダウンもついでに洗います。きれいだからそのまま仕舞おうと思ってましたが洗ったらいちばん汚れています。猟師が着るようなアースカラーの柄で、猟期に銃砲店の横を通ったらお店の人とペアルックになったダウンジャケットです。

洗剤を適量つかい、乾いたままバケツに入れてすこし空気を抜きます。つぎにべつの洗面器でつくった洗剤入のぬるま湯をバケツに注ぎ、しばらく漬けます。

ダウンの羽の油分が落ちるので、お湯だけで充分だという説もあります。たしか前回はそのやり方で外側の汚れだけ落しました。今回洗剤を使ったら何度も茶色い汚れ水がでたのは地味な色で見えなかっただけで汚れていたのです。

すすぎや洗いを何度も繰り返すと羽が飛び出してくるので丁寧に水を抜いていきます。脱水ができないので吊って、水を抜いていきます。ダウンは袋状に縫い目があるので、羽の固まった部分をふんわりと絞って水ぬきとします。

2日陰干ししたので、もう一日日に当てて乾燥させて仕舞う予定です。

工作好き