宇宙がキミを待っている

寝る前に読書をしている。
手元の本が参考書のような、一種固い本ばかりになってしまった。
次はこれを読みたい。

ライディング・ロケット(上) ぶっとび宇宙飛行士、スペースシャトルのすべてを語る

化学同人のなかにいるね。宇宙担当の人が。

先日見かけて↓買いそびれた本

アポロとソユーズ―米ソ宇宙飛行士が明かした開発レースの真実

宇宙開発は面白い。日本もやりゃいいのに。H-2のペイロードって何tなんだろう。

調べてみると、H-2が2トン。H-2Aが4トン。

ジェミニ当時の弾道飛行なんて余裕ですね。最初から周回軌道をねらえそう。

人選は、、、空自か習志野の空挺から7人選んで飛ばしてみればいいとおもいます(他人事)すでにサバイバル訓練済みだから。普通に飛ばしても面白くないので、実物大のガンダムを作って、耐熱フィルムをポッケ入れて、ザクと一緒に打ち上げてやればいいかも。あの形にすればみんな乗りたがるよ(他人事)そして自衛隊に若者が集うね。アレに乗りたいって。

作るのは何とかなりそう。ただ耐熱パネルを手で貼るのが手間かも。

臺灣最大的鋼彈 – 鋼彈研究室 – Yahoo!奇摩部落格

けっこう嵩張りそうだけれど、畳め入る。

問題はザクのほうに乗る人をどうするか。

上から5人目ね。

クラウン ザクのパイロット。

工作好き