水戸駅の本屋をハシゴする

風が冷たくてどこかに出かける気が吹き飛んでしまったので本屋に。徒歩で水戸駅。サウスタワーという駅ビルはヤマーダ電気逃亡後壮大な空きビルとなり、洋服屋が入るそうな。それとカフェ付きの本屋。

駅の改札を越えたところにあるエクセルという駅ビルに入り、エスカレーターで上に上がるとコーヒーの香り。ワンフロア書店となり、いつのまにかカフェが入店。むかしそこはレジだったような。しばらく来ませんので棚のレイアウトも変ります。

岩波新書を探すけれど、赤は近年の売れ筋おおし。緑は名著旧作シリーズ。棚が狭いので探しているのはなし。ざっと中を観て撤退。八頭身美女をみかける。頭がちいさいぞ。

次に丸井。駅からいちど出てファミリーマートの横から違う建物に入ります。ファミマの前にはライオンズ倶楽部が設置した芸術的な開脚の女性銅像が置いてあります。なんでも置けばアートなのさ。だれの趣味なんだろう。私が権力をもった暁にはバッフクランメカを置きたい。もしくはゼントラーディ軍の軍艦とか置くね。

丸井はひさしぶり。バレンタインフェア開催中。レディースのお店が一軒撤退気味で閉店セール。東京古着とかいうお店が、東京でかき集めた古着を一律数百円で販売中。新手の救世軍か?茨城の田舎者どもよこれでも着ていろということか。オシャレな高校生とかにはうれしいお店なのかもしれないけど。あとたぶん新品で服を売ると利益率で家賃が払えないからこの業態になるのさ。そこの家賃聞いたらきっとびっくりするよ。

本屋はなんだか上の方。さきほどのエクセル川又に比べるとヒトケが少ない。丸井の文教堂でも岩波はやっぱりすくなくて、欲しい本なし。このあともう一軒、歩いて岩波の豊富な書店に行くと、量はあるけど古い。岩波って買い切りでしたっけ。

古本屋に行くのも面倒で、古本屋をハシゴする労力を考えるとネットで買ってしまえばよいのでそうします。そのあと謎のドーナッツを食して読書。

工作好き