雲台はきっと+印になります

XYスライダーの作例。ボール盤に取り付けて簡易旋盤として使う方法。
diy wooden X-Y table and rotary head – Woodwork Forums
カメラではXYスライダーといいますが旋盤の場合はXYテーブル。
旋盤で削るものを置くのでテーブルなのでしょう。

レールの取り付け方、浮遊部品の作り方がよく分かります。微動雲台として使えますね。初代のカメラ安定装置を作るとき、ここを見て作ったように思います。

加工精度に自信がなかったため浮遊部品の台形は避けました。
いまみるとそんなに難しくない。

スライダーはこの方法で作れそうです。カメラと接続する部分に穴を沢山開けて、ある程度バランスを取った上での微動とするなら、稼働範囲は片側2センチくらいあればいいように思います。そうすると、スライドするパーツの最大長は8センチもあれば良く、文庫本くらいの大きさに収めたいです。重さもそれくらいに。全部材木ではなく適時アルミを使ったり肉抜きをしたいと思います。

【自作スムースシューター】
先日紹介したカメラを固定するベストを自作した方の写真一杯
動画を見るとバネの調整が固いのか、結構揺れてます。

重さ、使い方とコツが必要なのでしょう。

【国内の自作例】
nntvyokohamaさんの作例。

プロの取材用らしいです。
どんな機材なのかは分かりませんが、これくらいふわふわ浮いたえがとれるとたのしいですね。重くすればいいってものではないみたい。

工作好き