独り温泉

独り温泉を楽しむ。海沿いは観光客と帰省客。ナンバープレートの地名は知らない場所ばかり。

サウナがないけれど、半露天から海を見る。遠くに知らない輸送船。車の輸送用らしい。海の近くで作ればいいのではないかと思うが、部品供給の都合栃木で作って常陸那珂から発送するのだろう。工場から港までどうやって運ぶのか。一般のトレーラーやらローダーで運べる数は限られているから、毎日ちょっとずつ運んでいるのだろうか。運ぶにしても深夜だから見ないだけなのか。

右腰の痛みは一月ほど続いています。浮力で軽くなった体にひねりを加えて、すこしずつほぐしてゆくと、まず腕、肩が楽になりました。つぎに首筋がほぐれ、右の腰から首筋にかけてのこわばりが消えてゆきます。背中はまだ違和感あり。

一時間の入浴後、ふと洗面台にある足裏震動マッサージ機を使ってみました。すると右足の裏に硬いところがあります。体が冷えたまま寝ると次の日の朝まで右足が冷たいままのときがあり、きっとその繰り返しの結果血流の悪い部分ができあがったのかもしれません。

しばらくしてアキレス腱伸ばしをすると、右足の裏にある筋が延びる音とともにかかとから右半分にかけてほぐれたことがわかります。さらに伸ばしてゆくと右足の内側にある名も知らぬ筋肉から同様に音がでて筋が延びたことがわかります。

温泉を出てタオルを返却し、ロビーにあった椅子型のマッサージ器にコインを入れて15分。背中をほぐします。

まだ完全ではありませんが、体が楽になってきました。

休憩所でカレーを食べて、明秀日立の高校サッカーを遠くのテレビみつつ、持参した新書を読んで、三時過ぎ。家族連れが帰宅してすいてきたので横になって寝ました。仰向けに寝て右足を左へ、右手を右上にひねりそのままストレッチをしますとたぶん一ヶ月ずっと固着してきた腰から背中にかけての右の筋が延びてゆきます。永遠にこのまま伸ばし続けたいのですが、ほどほどでやめて家に帰ることにします。

鏡をみると体のバランスが狂っていることがわかります。普段、あまりに歩かなさ過ぎ。体重も増えてますし。冬はいつもこんな感じです。スキーをやっていたときは定期的に運動してましたけれど、自転車だけになると冬は寒くて使わなくなります。

ずっと感じていた右腰の違和感は煎じ詰めると右足の裏の筋がこわばったことに起因していた模様。意図してあるかねば。





工作好き