プロの犯行

手慣れたカメラマンの機材運用をみていると、自分はまだまだとおもう。どうして手慣れて見えるのだろう。なんども繰り返して無駄がないからか。

山のように使わない機材を背負って出かけても使うのはひとつのカメラと二つのレンズくらいで、背中に背負った何かはずっと背中に積んだままです。そして撮ってきた写真を見ると、いまいっぽ足りない。まぐれあたりに頼りすぎてます。歩留まりを上げたい。

ここから先は技術で上げるのでしょうけれど、それが思っている、見えている技術ではなくて違う物であることが分かってきました。

初心者状態で右往左往していたときと、出てくる写真は同じですが、つぎになにをどう気を付けるかが、こう、湿った空気の中で指先にとふれる蜘蛛の縦糸くらいの手応えで届くときがあります。

たぶん機材を減らして手数を増やしてゆくのが正しいと思います。しかし現実には使わない道具が山のようにカバンに入ってて、外に出せません。使う予定があって持って行くのではなくて、使うかもしれないなと思って抱えてしまう素人の悲しさ。

工作好き