情報の海

【情報の海でおぼれる】
[新版]あなたもいままでの10倍速く本が読める
この本、昔からその存在がすごく不思議でした。

そんなに早く読まなくても良いじゃない。
内容がない本を10冊読まず、1冊をちゃんと読めばいいのに。

「あなたも俺みたいに余計な本を読まず1冊だけちゃんと読んで残りのどうでも良い9冊捨てると結果的に10倍早く読んだことになる読書法」って本なら読んでも良いかな。

【情報の海でおぼれない方法】
海水浴場でおぼれない方法は、海から出ることです。
それとパターンを理解して危険を回避する。
理屈は単純。「ビールを飲んで泳ぐと危ない」とかね。
限界点を決めてそれ以上行かないこと。これに尽きます。

あと関係ないけど子供が流されたときに助けようと飛び込むと流されます。
流れていく子供を観たら、無理なのは重々承知ですが「様子」を見ましょう。

・・・・無理だよね。

えっと情報の海でおぼれない方法。
要らないものを早めに排除すればよし。
たとえば「読書」ならこの出版社のは読むに値しないとか
読む前に排除しましょう。これ結構重要です。

【最初から食うな】
「あなたもギャル曽根みたいに今までの10倍おおく牡蠣フライを大食いできる方法」
なんて本はない。それは、10倍とっても身にならないから。
高脂血症とか脂肪肝にはなるけど。

いつまでもデブと思うなよ (新潮新書)
ある日突然「食べ過ぎ」に気がつくんだそうな。

知識はともかく、知識以前の単純情報、情報にも満たない「お知らせ」みたいなものは無理して摂取せずとも生きていけます。だから、食う前にこれは食うべきか食わざるべきか分かれば良いんじゃなかろうか。

言い換えれば、「海」になるほど情報を集めなければ良いんです。そうすれば情報の海でおぼれることはありません。だってそこは水たまりくらいで海じゃないから。

damo-log 3rd. : r-246 edition: 加筆改訂版:武蔵野<三鷹>と太宰治。太宰の自殺癖考察
僕の好きな言葉。
1度や2度の失敗であきらめるな。
夢は必ず叶う。
良い言葉だ。

つかうときはTPOが肝心。

あれ、何の話だっけ。
ああ、玉川上水は丘陵地帯にあるので、雨が降ると増水するんだってさ。

工作好き