人は見かけによる

すこし曇っていたので歩いてしまった。折り返し地点で太陽が顔を出しじりじりと皮膚を焦がす。歩き慣れて居る人ばかり。初心者の私は一番遅いリハビリ風おじいさんよりも歩みが遅い。

もう訓練せずとも大丈夫だろうという屈強な男性や、歩いている風情を見ただけで性格に難のありそうなおのこ。この人とは仲良く成れそうだなと思う人は、私と同じへそ曲がりなのか途中で本道を逸れてゆきました。

普段から仲良くなれそう、成れなさそうな人は外観で見分けているのかも知れません。だいたいこういうスポーツ関係はアウェイなので、基本仲良くなれなそう。そもそも、ただ歩くだけなのに他人が居ることが若干嫌なので、次回はどこか違う人の居ないルートを探してみます。

「歩く場所はたくさんあるよ」との友人のアドバイス通り、車道と完全分離した歩道が長く続いているのでこれは活用すべきです。私の運動が飽きて、この思いごと霧散してしまうかも知れませんけど。

昼食はなぜか大量の肉を食べて午後は運動したことを思いつつドーナッツを消費しました。ドーナツやの前では誰がこぼしたのかコーヒーに混ぜるガムシロップが地面に垂らされてて、アカ蟻がたかってました。あれはカラダに取り込んで巣に持ち帰る作戦なので、蟻が絨毯のごとくふかふかして見えるほど密集状態。写真に収めましたけどあまり気分の良いものではないのでここには載せません。

工作好き