本棚整理

写真の勉強用と称して写真集や画集を買ってみるのだけれど、だいたいあの手の本は重くてでかくて結局棚にいれてあります。

良く眺めたり思い出すのはふと取られた雑誌の写真であったり、ほんの数枚。

本棚整理を開始。これだけ冊数があるのに定期的に読み返せる文章がまことに少ない。だいたい1度読んでそれきり。そうならない本を遺した結果が今の本棚で、ここにいたるまでにその他大勢の本が消えていったのでした。

整理に際してとりあえず箱にしまってスペースを空けます。開いた場所に新規の本を入れます。本は箱に入れるときに整理しないこと。読まないこと。

棚を整理のための仮置き場とし、ゆっくり選抜してゆきます。

最近増えた写真撮影技法とカメラとレンズの本を大判の棚に入れました。戦中戦後の犯罪ルポみたいな本の山はそっと箱にしまってあります。もうこれ読まなそう。

工作好き