見えない人には見えないカメムシ

カメラをもって神社に行って、一緒にいた人が「カメムシだらけだ!」というけれど、私は紅葉に気をとられて全然気が付かない。カメムシって緑色と思い込んでるから茶色い擬態したカメムシは目に入らなかった。

気になるものには個人差があります。私も美人が好きです。美人が自転車に乗っていると自転車を見てしまうくらい美人が好き。

車好きは度が過ぎるとコンパニオンさんなんて目に入らないと思うだから、あれが邪魔だからどけろとは言わないのでしょう。見えてないからね。

神社は分社してて、本体のほうに行きました。すぐ近くに傾いた茅葺屋根の文化財レベルに素敵な古民家があって、傾きを止めたくて枕木で補強してたのですが、ついに直してました。残念ながら茅葺やめて瓦ぶきに変更。

ふつうに民家で人がすんでますから、茅葺ってわけにもいかなかったようです。なぜ傾いたのか地元の人に聞いたらトラックが突っ込んだそうです。なんてことない直線で、門構えがあって間口が狭いのに、それでもトラックは突っ込んできます。

工作好き