コンデジ自体がない

小さくて起動の速いデジタルカメラが欲しいなと思った。そういうのはカシオだねと思いつくが同時に、カシオがコンデジから手を引いた記憶もある。

カシオのデジカメが「復活」、先駆者としてのプライドと勝算 | Close-Up Enterprise | ダイヤモンド・オンライン

今も作ってるけど、ちょっと違う。初代のエクシリムは何度か買ってて、今から思うと画質はひどかった。あのころ私が必要だったカメラは、画質よりも起動の速さで、ふらっと立ち止まって胸元からカメラを出して電源を入れてシャッターをおして、撮影を確認することもなくポケットに戻す一連の動作に対応してくれる機材でした。

いま買うとどんなカメラになるでしょう。画質の妥協点が上がってしまったので、リコーのGRシリーズ。28ミリ単焦点。高性能すぎます。あと大きい。

初代エクシリムを何度か買いなおしてる理由は、運動するときにポケットに入れていたからです。サイクリングとスキーのお供でしたからだいたい湿気を食らってずぶぬれになりました。

いまそういう役目はソニーのTX5 で補ってます。蓋をスライドさせると起動してシャッターを押せば28ミリ広角で取れます。ズームレバーを起動直後に押してやると体感で50ミリから70ミリの画角になりますので、メモ代わりにはこれで間に合っています。

あとは一眼にパンケーキレンズをつけてむりぐり持ち歩く方法。持ち歩きようにミラーレスを買うという作戦もありますが、レンズが出っぱっているのが邪魔。

最大の問題は重さと大きさと防水で、そういう点ではソニーのスリムカードカメラTXシリーズは便利でした。

工作好き