理想のコンデジ

ネットをだらたら見てしまうのは、治らない。

本を読もう。よむべき本は手に入るのだ。

とはいえ、私の欲しい本は電子書籍にならないような、紙がだいたい変色しているような本である。

先日手に入れた本もそのようなもので、タイトルは同一なのに初版と別の出版社から出た版が二つ、増補決定版が一冊という、たぶんどれも微妙に中身が違うのだろうなと思いつつ安さで買ってしまった。

たぶん買わないだろうしカメラの本もよく買ってます。カメラの本の体裁をとりつつ、中身は写真の話をしている本が好きです。

リコーGR みたいな28mm単焦点のついたコンデジが理想ですがそんなものはございません。25mmが50相当になるデジタルのオリンパスペンの初期モデルが理想に近い。フジもボディだけなら割と安い。適当なM42マウントをつけて使ってもいいけれど、はたして私があえて中途半端な4/3マウントを使うかどうか。

帯に短いタスキに流しで、写真を撮りに行く覚悟のあるときにはもって行かず、いざ撮るときにももっていかないお留守番カメラになる可能性が高くあります。

それもこれもスマホカメラの性能が良すぎるから。

工作好き