オリンピック最高

オリンピックの開会式で休みでした。涼しいからやってしまえばよかったのに。選手が来ないけれど。

スポーツ中継用にカメラマンを招集していたはずで、その人たちのスケジュールはどうなったのでしょう。海外から来たであろう、特殊カメラ機材の使い手の妙技が見たかった。

でも実際に始まっていたら、テレビはオリンピック一色になっていたことでしょう。はたして、どのくらいの人が楽しみにしていたのか。楽しくないという人の意見は、取り上げられませんので黙殺されてしまいますので、存在しない意見となり、おりんぴっく最高!みたいなカメラうつりの良い人が前面に出ていくことでしょう。

それが、なにかの真実を表すことはありませんから、映像というものに興味がなくなってしまいました。表現としては、いちまいの写真や、短い文章のほうが力があります。近年の映像は特にテレビは無駄が多くて見てられません。

おかげで家族だんらんを捨てて、夜の道にウォーキングに出かけることにしました。体重がいくらか落ちてしまいました。ありがとうオリンピック。ありがとう、テレビ。

工作好き