二度笑う

ラジオの、テレビドラマの番組宣伝がひどくて失笑。
台詞が言えていない。
翌日テレビで映像付きの宣伝をみたらもっとおもしろかった。
できない子にできないことを要求してはいけない。
役者は自分の経験で役を演じるのだろう。
薄い経験しかなければ薄い演技しか出てこない。

ラジオの宣伝で笑ったのは、シリアスな演技と程遠かったから。
テレビ版で笑ったのは、映像の質感が良くなりすぎて空気感がないから。
ずれている具合がコントの様だった。
ドリフの大仏の御面をかぶった人が志村の後ろを走り回るコントを思い出した。





工作好き