リゾートでスキー

いつもなら栃木のスキー場か福島のスキー場に通っているのだけれど、シーズン券を買うには暖かすぎた。シーズン券を買わなくなると、通う義務がなくなる。義務感がないと行かないから、だから今年は家にいます。

以前は行くのが面度になるくらい通っていました。もうでスキー場に住めばいいのにと思ったくらい。もし私が文芸作家か高木美保なら、とっくの昔に雪山近くに家を買ったと思います。でも文芸なんか書く予定が無いしぃ女優じゃないし。

それに毎日すべるほどスキーが好きなわけでもないらしい。いまおもえば、週一で車をぶっ飛ばして遠くの自然に身をおくことで、ストレス発散をしていたのだと思う。

今はスキー場に行くことがストレスになりつつある。雪道で四輪ドリフトも面倒くさいし。3速ATで山登りも大変だし。

もうツアーバスか誰かの運転で乗っかっていく以外考えられません。精神も肉体もリゾートホテルを欲しています。リステルとか猪苗代リゾートとかさあ。いきたいなあ。

ってのは半分本音で半分嘘。リゾートホテルも俺には居心地が悪そうだから民宿でいいや。一週間ぐらい文庫本を抱えて、ぬくぬくしていたい。となると、湯治場?

てゆうか、その湯治場まで自転車で行きたいぞ。だがそうなると、スキーをすべる時間より自転車に乗る時間が長くなる。それなら近所で乗ればよいではないか。でも近場も走りつくしてきたし、遠くに行きたい。

もしかすると、自転車に乗るのもスキーをするのも、福島に行く口実なのかも。どんだけ福島が好きなのだ?いや、単に地元が嫌いなのか(笑)

07/02/05





工作好き