ボディボードとボディサーフィンの乗り方の違い

やってる本人は楽しいけど、見た目は地味なスポーツそれがボディサーフィン
ボディサーフィン

なぜ乗り方に違いがあるかといえば、浮力に差があるからです。

ボディボードが乗れる波とは違います。BBは体が浮きますので、浮いた後に波を蹴って波の崩れる方向に進んで波に乗ります。波と同じ速さになる瞬間と、波が崩れる瞬間に自分の速度をあわせるのが難しい。足ひれ・・フィンをつけると泳力が増してタイミングを合わせやすくなります。

+

ボディサーフィンで乗るためには、もっと力のある波を狙います。崩れた瞬間に地面を蹴って波に体を預けます。

+

【乗り方の説明】

いろんな乗り方がありますが、ボディサーフハンドボードを使う場合は、両手で掴んで「蹴伸び」します。スピードに乗るまで頭は沈めたままにすると乗り遅れることが少なくなります。

+

【私の乗り方】

波が着たら、地面を蹴って浮き上がります。波の盛り上がりに入ったら、斜めになった波の水面と平行に泳ぎます。水泳経験者はクロールを使うと乗りやすいようです。泳ぎの苦手な方は、腕が抵抗になるので動かさないほうが乗れます。ハンドボードは波に乗ったあと水面に押し付けて顔を上げる役目です。BB同様、足ヒレをつけると水力が増して乗りやすくなりますが乗った後に歩くのに邪魔になるので一長一短です。

【PR】 ハイドロボディサーファー

※ボディボードと違い、乗ってから数秒間は前が見えません。
進行方向には十分注意しておたのしみください。

工作好き