みんなに愛される名前

統計を取ったわけではありませんが、こんな経験があります。
仕事で試験官を努めたときのこと。
落ち着きのないチビッコが居たので名前をチェックしてみました。
するとそこにはそろいも揃って同じ名前がずらり。

さようならゆとり教育と思ったものです。

呉智英先生のコラム。
「【コラム・断】難読名と偏差値」コラむ‐断ニュース:イザ!
暴走万葉仮名の女子学生が多い大学は、あのー、偏差値がね、ちょっと、あれなのですね。

ぼかして書いてあるので、具体的に書いてみますとビデオ女優のようなキテレツな名前をつけてるんはやめてしまえ、だってそんな名前の子供は親からしてだめなんだもん!って内容です。

名前はその子の親の知性に比例して変になります。
親がダメなら子もダメという救いの無い話でございます。

親の学歴や環境は子供がそのまま引き継ぎます。
名前の格がそのまま家庭環境の格となるのはありえる話です。

それにしても先生、随分意地悪な文章ではありませんか?

「暴走万葉仮名」の定義があいまいです。
具体的に例示していません。書くと怒られちゃいますね。

敵の定義をぼかすことで、読み手に「うちは違う」と思わせてらっしゃいます。さらに敵である、ヤンママが絶対読んでなそうな媒体で発表。
確信犯ですね?

角の立たない平易でまるい文体で書き、敵意が無いと思わせつつ 反論を封殺。気が付かれないうちに敵を倒す、合気道の達人のような文章ですね。私は笑うしかありませんでした。

再来年のセンター試験に出るので関係者は要チェック。
間違いの設問が作りやすそうです。

でもこれ、最近可愛いげのある女子が少ないね、
下品なオンナが多いよってそーゆー話ですよこれ(笑)
少なくとも私ははそーゆー風に読みました。

なぜそう読むかって?
それは僕の女性の好みと呉先生と同じだから。

品のない自称個性は女子なんて増えなくてもいいよ。
対外輸出用ですね、アレは。
BSマンガ夜話 ガラスの仮面 -美内すずえ-

ところで先生、以前宝島ででた美しい名前の女性との対談、
単行本化してください。探し始めてもう3年になります。





工作好き